コンテンツへスキップ

味見;虫の味は氏か育ちか;シャクガの幼虫とシンジュサン

シンジュサンが繭になってしまった後、
シンジュの木を観察していると
葉を食べているシャクガの幼虫を見つけました。

飼っていると前蛹になったので
消化管内容物がない状態で食べ比べて見ることに。
テーマは「虫の味は氏か育ちか」
同じ食草を食べた幼虫の味は似ているのか、違うのか
比較してみます。
シンジュサン前蛹
柔らかいトゲトゲも繭におさめるため綺麗に折りたたんで
ぎゅっとした感じになっております。

終齢幼虫より外皮の弾力が増しシャキシャキする。内部は極めて甘い。小松菜系の香りも健在。
シャクガの一種 前蛹
前後に長かった体が縮みコンパクトに。

外皮がやや固いがシンジュサンとよく似た香りとうまみ。美味しい。
サクサクとした歯切れの良さは前蛹に共通する食感で心地良い。
「育ち」が味に与える影響の大きさを感じる。
シンジュの香りは朴葉にちかい印象。肉質のうまみを感じさせる香りで
食欲がそそられる。
今回は鱗翅目同士なので、「氏」の近さもあり、更に食草が同じということで、
食感、味、香りともによく似た印象。大変美味しかった。
目が違っていても共通するものがあるのだろうか。
比較してみたい。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。