コンテンツへスキップ

ラオスに来ています。昨年8月、12月、そして今年4月と来ることができました。

私が何をしているのか、というと、プロジェクトのボスが私ではないので、公開情報をもとに理解してください。

NPO法人ISAPHのサポートメンバーとして、栄養改善プロジェクトの昆虫食の部分を担当しています。

ひとまずは今週は関係各所にご挨拶に行く予定です。

ラオスの時差は日本と1時間で、時差ボケもなく快適ですが、飛行機で寝たのであんまり眠くないです。今回T-weyという韓国のLCCを使ったんですが、騒音防止のノイズキャンセリング・ヘッドホンを使用して寝るとすごくよかったです。最新型はbluetooth無線で35時間という長旅にも対応できるすごいヘッドホンです。

聴覚にストレスをお持ちの方にもいいらしい、とTwitterで見かけて導入を決めました。


ビエンチャン空港


ソウル仁川国際空港でのうどん。


ビエンチャンの空港ではゾウとカメを守ろうキャンペーンの立て看板がありました。野生生物と資本主義を組み合わせて市場に丸投げすると、持続可能な利用を成功させるのは難しいです。ファームを作って完全養殖に成功して、野生動物採集が「割に合わない」ようにしてからじゃないでしょうか。これは昆虫にも言えると思います。