コンテンツへスキップ

7/28~8/9 ラオスに行ってきました。

夏ですね。日本はセミのおいしい季節です。

昆虫大学のまとめの途中ですが。

7月28日から8月9日まで

NPO法人ISAPHの活動に同行しラオスでの

昆虫食の情報収集をお手伝いしてきました。

短期間だったので、目論見違いとか、不十分な情報もありましたが

今後の長期的な活動のベースとなる提案ができたと思います。

この活動の主体は私ではなく、あくまでサポートメンバーですので

活動内容の情報を公開するのは、もっとオフィシャルな場になると思います。

Twitterラオスの虫情報を公開しつつ、オープンな情報収集もやってみたことで

私のような分類にあまり詳しくない者でも、ネット環境さえあれば

ラオスの山奥でいろいろできるものだなぁと、実感しました。

タイ・ラオスの現地の方々との信頼関係がすでにあるところに

お邪魔させてもらうことで、素の感想に近い昆虫食のあり方を

聞くことができたと思います。

市場・村・そして都会を比較することで、昆虫食がなぜ衰退の一途なのか

どうすれば人々がそれを食べるようになるのか、そして、

それはそもそもいいことなのか

いろいろ考えを更新する機会になりました。

昆虫食が世界規模でどうなっていくか。

その中で昆虫食文化をもつ地域がどうなっていくか。

そして資本主義の荒波と渡り合っていけるか。

私はこのプロジェクトがとても有望だと感じています。

というのも、非常に優秀で、昆虫の味にも詳しく

世界と自国とを相対化して見ることができ、かつ自国を愛している

そんなラオスの若者に何人も出会えたことです。

今後、ラオスの若者を起点として、日本も世界も、

大きく動くことと思います。

ということで、Twitterでの虫の味見情報をまとめておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。