コンテンツへスキップ

蟲を隠すなら寿司の中

「見た目が悪いから昆虫は喰いたくない」
という方に
そもそも見た目の評価自体が絶対的なものではなく、
文化的なものだと気づいていただくために
「姿のエビ」をよく例に挙げます。
エビが食えて虫が食えない理由を
合理的には説明出来ない、ということに気づいて欲しいのです。
ということで
以前に小エビのかき揚げとバッタのかき揚げを比較
しました。
今回は
生物がほとんど無加工のまま
出される寿司で比較したいと思います。
具材は茹でて味が良いことで知られる
オオスズメバチ前蛹・蛹とエリサンを使いました。
色味をつけるために食紅を使いました。

昆虫の表皮が水を弾くため、
あまり染色具合はよくなかったのですが、
うっすらピンク色になりました。
次に寿司の準備です。
幸い近くのスーパーで見切り品となった寿司を
確保し、崩れないよう自転車で持ち帰り、
予めヤフオクで購入しておいた
デッドストックの寿司桶に盛りつけます。
今回はエビが甘エビと茹エビの二種を使い
節足動物の割合を多めにしておきました。(シャコとかもあればよかったのですが。)

木を隠すなら森の中
蟲を隠すなら寿司の中
意外と甘エビの隣のオオスズメバチ前蛹に
気づいていない方も
いらっしゃったのではないでしょうか。(?)
やはりそんな大差ないですね。
味も穀物系で、生魚の味の強さに飽きたころに
調度良い味でした。「寿司ネタ・スイートコーン」の偉大さを感じます。
江戸時代に始まった寿司のネタは時代とともに変遷し、
トロ・生サーモン・ホッコクアカエビ(甘エビ)エンガワ(オヒョウ)などの新ネタから
海外産の養殖エビやネギトロ(マグロすき身+マーガリン)のような加工生産の変化まで
大きく変わりました。
そして、sushiが国際的にも人気になった結果、
マグロを始めとした漁業資源の枯渇が深刻です。
そんな中でも
「海は広いな大きいな」
と 
未だに海産資源の有限さに気づいていない
脳みそお花畑の国が大部分です。
確かに
海は人智を超えた偉大さに見えるため、
「有限」と言われてもピンと来ないこともあるでしょう・
そのためにも
自分の食糧は自分の目に見える形で養殖する、
という
食糧の有限さを噛みしめる農業・養殖業が、
これからの慢性的な食糧不足を
理性的に節約し、耐えぬく道だと思います。

7 thoughts on “蟲を隠すなら寿司の中

  1. soy

    お寿司で思い出しましたが兄が雲丹が好きなもので、雲丹を独占したいがためにわざわざ鮮度の悪く臭くて不味い雲丹を用意してまだ雲丹の味を知らない私に食べさせ、私は兄の術中に見事にハマり暫く雲丹が食べられなかったことがあります。最初に出会う味の印象は大事ですね。5年程度引きずってしまいました。
    しかし近所に美味しいお寿司屋さんができたことで私もすっかり雲丹好きになってしまいました。その雲丹は見るからに鮮度の良さそうな綺麗な色をしており、見た目も勿論美味しそうだったのですが、何より雲丹独特の磯の香りとでもいうのでしょうか…ともかく匂いにつられてパクッといっちゃったわけです。
    虫からも美味しそうな匂いが漂ってきたら我慢出来ずに召し上がる方もいるのかもしれないなぁ、なんて思いました。
    お寿司の中のオオスズメバチ前蛹?なかなか気付けませんでした。白子の軍艦みたいですね。そういえば食紅も虫由来だとかいうお話を聞いたことがありますがどうなんでしょうか?

    返信
  2. NONAME

    毎回、楽しみにしています。
    お寿司美味しそうですね。
    具の虫そのものを酢でしめたら美味しいのでしょうか。

    返信
  3. 虫を見たり話を聞いたりするとこのブログを思い出します
    多分このブログのおかげです 虫に興味を持てたのは

    返信
  4. ese

    1ヶ月ほど前から楽しく読ませて頂いています。
    寿司桶に入れてみるのは面白いですね。遠目でみたら「シャコかな?白子かな?」って思いましたが拡大したらやっぱり拒否反応が出ますね。。
    確かにエビも似たような形なんですが、なぜ食べる気がしないか・・・というと難しいですね。
    自分の場合は
    「見た目が悪い&不衛生そう&必然性がない」
    という曖昧な感覚、一言でいうと「得体が知れない」からだと思います。
    そのため美味しい虫を食べてみたい人にとっては主のわかりやすく、客観的な食レポはとても貴重だと思います!これからも応援しています。

    返信
  5. やんまー

    はじめまして!
    福岡の緑地公園でガイドなどしている者です。
    毎回大変興味深く拝見しています。虫嫌いの理由探求も含めて、とても参考にさせていただいています。
    ところで、何度か登場しているギンヤンマなのですが、写真を見る限り、カトリヤンマのメスかと思います。
    同じヤンマ科ですが、ギンヤンマほど普遍的にはいませんので、常食するには向かないかもしれません。
    野暮な突っ込みかと思いましたが、同じグループでも随分味が違うようなので・・・。
    東京から遠いのでなかなか参加できませんが、昆虫食イベントにも是非参加したいと思っています。
    これからも頑張って下さい!

    返信
  6. ゆう

    お料理が大好きすぎてたいていのものは料理してみたくなるお料理ブロガーです。
    タコイカシャコすべて余裕でいけるのに、なぜが昆虫には食指が動きません。こちらのブログを拝見してなぜなのか考えてみましたところひとつ気がつきました。問題は昆虫では身というか肉の部分がはっきり視覚に訴えないことではないでしょうか。
    エビは確かにムカデ系に似てる。しかしエビは殻をむいた身がおいしいことがすでに周知されているので殻をまとった足がたくさんの姿にもそそられるのではないでしょうか。固体1個そのままの姿での勝負ではエビもバッタも確かにほぼ互角の勝負。しかし足とか顔とかの食欲をそそらない外側を脱いだ実質食う部分が独立してうまい食材として認知されているため、殻のままの姿でもうまい肉を思い出させることができる。そこがひとつの要点のように思います。
    例えばセミの昆虫やらクモやらバッタやら、足とか殻とかを剥いた身が加熱されるとおいしそうな赤い色(人間の食欲に訴える色だそうです)とかになるんだったらかなりいけるんではないでしょうか。
    海外で暮らしているので気がついたのですが、人間、食べなれない姿をしている食べ物には食欲を感じません。虫の固体まんまの姿でなく料理して皿に出せると抵抗なく食べる人が増えるのではないかと思います。愚考失礼します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。