コンテンツへスキップ

味見:ジグモ オス・メス

以前にジグモのメスとその卵鞘を味見しましたが、
美味しかったので久々に捕獲してみました。
今回は産卵前のメスとオスがいましたので
食べ比べてみましょう。

向って左がオス、右がメスのジグモ Atypus karschi
形は小ぶりですが、カンボジアで食用にされているタランチュラとよく似た体型。
攻撃性は高いですが 味がよく、
土中に巣を作ってけっこう高密度で生息しているので、
日本で養殖するにはこっちのほうがいいかもしれません。
と思ったら
性成熟まで3〜4年とのこと。ちょっと長いですね。。。。
味見
ジグモはやはりメスが美味しい。旨味の強いシーチキンのようなタンパクの美味しさとプチッとした噛みごたえ、適度な重量感が茹でた時にプリッとして大変おすすめ。オスは外皮の噛みごたえがあるものの肉質は少なく、体液の甘みがある程度。少し口に残った外皮がジャリッとする。やはり産卵期のメスがおすすめ。

1 thought on “味見:ジグモ オス・メス

  1. 匿名希望

    ひええええ、ジグモまで食べるんですね。
    ジグモは小学校のころ捕り方を教えてもらって遊んでました。
    クモらしくないクモですよね。土の中にいるので普通のクモが苦手の私でも平気でした。
    始めてブログ見てます。大変面白いと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。