コンテンツへスキップ

味見;待望のヒメアメンボ

アメンボは飴のような香りがするので
「飴ん棒」が転じた名前である。
これほど心躍る文句はあるでしょうか。
半翅目の良い香りのなかでもこれは期待大です。
今回はヒメアメンボを捕まえました。
ヒメアメンボ Gerris lacustris latiabdominis

わずかにキバラヘリカメムシににた甘めの香り。
茹でたためか「飴のよう」と形容される甘い匂いは殆ど感じられなかった
食感はホソヘリカメムシと同様の外皮シャキシャキ・中スッカスカタイプ。強い味はない。
半翅目独特の食感はありましたが、期待した甘い匂いは感じられませんでした。
やはり生食にチャレンジしなくてはいけないのでしょうか。
まだナミアメンボなどの他の種が残っているので、
めげずに半翅目の探索を今年も行いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。