コンテンツへスキップ

味見;ヒゲマダライナゴ

前の記事「バッタ会のガイドライン」で
A級バッタとしておきながら
その味見の記事を書いていませんでした。
ヒゲマダライナゴ Hieroglyphus annulicornis

宮古島,伊良部島,石垣島,西表島に生息する大型のバッタで、
サトウキビが大好き。
味見
全くクセがなく、まさにエビ。非常に食べやすい。
茹ででもいけるが、高温の油でカラリと素揚げすると
更に美味しい。
このバッタを食べるまで、
「虫ランキング」なるものを作っていたのですが
このバッタをどこに入れるべきか、
かなり迷ったものです。
エビを食べ慣れたヒトが食べやすいので上位と言えますが、
昆虫の独自の味が感じられないのであればあまり上位にしても、と思います。
ということでウマイことは確かなのですが、
同じように美味しく、独自の香りのあるトノサマバッタと比べて
どちらが上かと言われると、わからなくなってしまいました。
なので虫ランキングは49ぐらいで止まり、
食べた虫一覧が最近100ほどになっています。
ここからランキングにするとしたら
調理法
「揚げて食べたい虫ランキング」
季節
「夏に食べたい虫ランキング」
レベル
「初心者に食べてもらいたい虫ランキング」
冒険
「昆虫食上級者に食べてもらいたい虫ランキング」
場所
「野外で食べたい虫ランキング」
ううむ多種の昆虫を一律の基準で比較するのは難しい。
二軸でマトリックスをつくろうか。
と考える次第であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。