コンテンツへスキップ

味見;番外編2オニグモ

タランチュラが美味しいことは以前ご紹介しましたが、
国産のクモ、ナガコガネグモ、ジグモが美味しいこともわかりました。
今回は大型のクモ、オニグモ。Araneus ventricosus

貫禄充分の大きさ。見るからにカニのようです。
いつものように茹でて実食
脚部;固くてたべられない。
胸部;予想した繊維質ではなく、柔らかいホロホロと崩れる甘い筋肉でできていた。トンボの胸肉に類似。
腹部;苦味があり、あまり美味しくない。動物質のうまみが感じられるが、オススメしない。
肉食昆虫でも、苦い部類(カマキリ、スズメバチ幼虫)と、
苦くない部類(コガネグモ、トンボ)がある。
消化や内容物、分泌物に違いがあるのだろうか。
肉食と消化の関係もおもしろそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。