コンテンツへスキップ

味見;トノサマバッタババア

私もこちらの某研究室に来て
はや半年。バッタの扱いにも慣れてきました。
今使っているトノサマバッタの生活史ですが、
まず卵から15mgで孵化し、一ヶ月ほどの間に4回から5回脱皮し成虫に。
このときメスはおよそ1.5g。100倍になっています。
そこから2週間から一ヶ月かけて性成熟し、卵を抱えたメスでは
大きいもので3.5gまで重量を増します。
今回のヒロイン
トノサマバッタ Locusta migratoria
4月16日生まれのこの子。

御年なんと4ヶ月半。同時期に生まれたバッタたちの最年長のババアです。
卵も3個から4個産んで、お疲れのようです。
と比較いたしますのは
今日羽化したばっかりの8月2日うまれのこの子。

ちょっとほっそりしています。
今回のテーマは
「年をとるとバッタの味はどう変わるか」
まずは実食
若いギャル(8月2日生まれ)
草の香りがあり、クチクラが柔らかく、腹部には甘味と脂肪のコク。ウインナーのようなかみごたえ、どれをとってもバッタ界No.1といえるでしょう。
イナゴなんかは目じゃないおいしさです。
ババア(4月16日生まれ)
固い。筋肉の塊。味はほろ苦さが加わり、まさにオトナのお味。ショウリョウバッタに近い味になった。油がすっかり抜け、ササミのようなパサパサしたものが口のに残る。クチクラもめっぽう固く、噛むのに苦労するほど。
判定
若いほうが美味い!
これは極端に年寄りなので、
卵を抱えた女ざかりであればまた違ったおいしさがあると思います。
(実験で使うので卵は貴重で、今は食べれません)
バッタは年をとるとキチンが発達し、硬くなります。
また、産卵で多くのエネルギーを失います。
鶏肉も若鶏は柔らかくおいしいですが、
年をとった鶏は結合組織が発達し、固くなってしまいます。
結論。
バッタも鶏も。若いのが美味い。
トノサマバッタは年二回成虫になります。
今の時期はもう二回目の成虫の時期。
運動能力が非常に高いので、
朝方の気温の低い時を狙って
長めの虫捕り網で捕獲しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。