コンテンツへスキップ

私が以前から注目している研究者の一人、
クマムシ博士こと堀川大樹博士の有名ブログ
「むしブロ」でご紹介いただきました
注目していたと思ったら逆に見られていた、という
パパラッチが捕まったような恥ずかしさと、
褒められていることへの照れくささがあります。
光栄です。
残念ながら
まだ直接お会いしたことはないのですが
慶応大学のクマムシ研究者鈴木先生や
ユスリカの記事でお世話になった
奥田先生から「堀川博士はすごい」という噂は聞いており
ユニークな形で日本の学術界を
盛り上げるパワーを持っている方だと思います。
日本初(?)の研究者発ゆるキャラ「クマムシさん」
クマムシのエサ・クロレラ代になるクラウドファウンディング
そして有料メルマガ などなど
「お前(アカデミア)に雇われんでもおれはフリーでやってけるんや!」
という頑固で気骨ある博士が巷にあふれると面白いですね。
研究の独立性、多様性を確保するという点では、
研究者自らが、研究の一部を
一般に公開することで研究費を得る。
という前例を作ることはとても重要でしょう。
実は、私にもクマムシの思い出があります。


クマムシはとてもかわいらしく、魅力的だったので
私も高校生3年生の自由研究(やるかどうかも自由 笑)でテーマとしました。
その中で印象に残っているのは
「乾眠クマムシは100%エタノールに耐える。
 乾眠クマムシに水を加えると戻る。
ではエタノールと水の混合物を乾眠クマムシに与えると?」
という課題。
通常クマムシはエタノールには耐えられないので
乾眠クマムシがエタノールと水の混合物に触れた場合、
クマムシは乾眠を解除すべきではない。といえます。
なので、クマムシが乾眠によって
エタノール耐性を進化的に獲得したのであれば、
エタノールと水の混合物にも耐性がある=水に戻らない
可能性があると考えました。
野生のまともに同定していないクマムシをつかって
5匹ずつ、
濃度を10%エタノールから90%エタノールまで
段階的に用意して実験しました。
顕微鏡写真は理科室のテレビ投影機能付き顕微鏡を借り、
そのブラウン管テレビ画像を使い捨てカメラで撮り、
さらにそのフィルムを写真屋さんで
デジタルデータ化してもらう、という
もはや何がなんだか分からない方法
画像データを作っていました。

あらい…アラすぎる…

当時こんなものも。紙粘土クマムシ。

消化管が透けているのを見誤って、
背部がブロック状に分かれていると思いこんで作ったものです。
イグアノドンの間違い復元図のようで今見ると微笑ましいですね。
実家にそのまとめがあるので
記憶だよりのため正確性には欠けますが
結果は悲しいものでした。
エタノールと水の混合物を与えられた乾眠クマムシは、
いずれの濃度においても力なく膨らみ
そして死んでいったのです。
100%エタノールを加え、
しっかり乾かしてから水に戻したものと
エタノールを加えずに水に戻したものは、
いずれも元気に動き出しましたので
クマムシは外界の状態に影響されずに
水さえあれば戻ってしまうと結論づけました。
エタノール耐性は
おそらく乾眠能力に付随して得られたものでしょう。
エタノール自体は自然界ではほとんど水との混合物で存在するため、
乾眠クマムシの100%エタノール耐性が
彼らの実生活で役に立つことはなかったのではないでしょうか。


さて
クマムシの思い出はこれぐらいにして
クマムシ博士からは「研究者」として紹介されたものの
このブログが「研究であるか」
について、
自分の見解を書き留めておきます。。
「当ブログは学術研究未満である」
です
味の評価はあくまで私の主観であり、
統計的有意差も再現性もとれていない。
紹介するデータも有意差のとれるものを扱っておらず
ただ測定した生データを披露するのみ。
なぜかというと、
「未発表の論文用データは公開すべきでない」
という研究者の慣例に従ったこと
そして
「いろんな方から間口を広く主観データをもっと集めたい。」
というブログならではの目的があったからです。
なので、味センサーや特殊な実験装置は一切使わず
(フリーズドライ装置だけは使いましたが)
家庭用品だけで調理し、自分の舌だけで味わっています。
間口を広げたおかげか、
某有名まとめサイトにも紹介を頂き、最近は
コメントも増え、とうとう昆虫食レポートまで頂けるようになりました。
「◯◯という木に××という昆虫がいて△▽して食べたら□□でしたよ!」
とか
「テメー☆☆がうまいとか言ってたけどクソマズじゃねえか!」
このようなコメントが
記事の末尾に溢れかえる日も近いでしょう。
そして、
「未満」のこの研究を
学問として成立させるためには
ある昆虫について
昆虫学をベースに飼育繁殖から始め
味や栄養を定量的に評価し
健康につながる微量元素や
独自の生態を利用した養殖につなげ、
それを使ったメニューを考案し振る舞う
そんな
ディープな「昆虫食学」で
学位をとる、そんな後輩が現れるのを期待します。
私は残念ながら
学生でいられる予算と期間が
そろそろ限界を迎えるため、ボスの指導のもと、
バッタの生理生態学を中心とした
「応用昆虫学」で学位を狙っていきます。
悔しいですが
バッタ博士やクマムシ博士のような
いい論文をきちんとまとめることが出来ておらず
今のところ、
職業研究者に至るには到底業績が足りません。
ただ、
研究者のポストを得られなくとも
昆虫食の研究は続けますし、
幸いなことに昆虫食研究には
高額の予算を必要としません。
野良研究者、兼業研究者としてでも
続けていくつもりです。
嬉しい事に、食用昆虫科学研究会には
将来有望な後輩や仲間が多くいますので
私が直接サポートすることで
昆虫食学を修了できるメンバーも
できることでしょう。
近い将来
応用昆虫学の一分野として
「昆虫食学」が出来る日を夢見ています。

2

「味見に際して注意すべき昆虫」として、
マメハンミョウツチハンミョウアリガタハネカクシ
ような体内に強い毒のある昆虫がある一方、
採集にあたって注意すべき毒を持つ生物
も抑えておく必要があります。
毒のある毛虫の中でも、最も有名で、
被害件数の多いものがチャドクガではないでしょうか。
チャドクガ Euproctis pseudoconspersa
本州四国九州に分布し、幼虫はツバキ、サザンカ、チャなどのツバキ科の植物の葉を食べる
成虫は年二回発生。卵で越冬する。若齢幼虫は群生する

この長くて白い毛は毒ではなく、
胴体中央部のモリっとしたコブに
毒刺毛が30〜50万本密生しているとのこと。
恐ろしいですね、
この有毒毛は卵や繭の表面幼虫の脱皮殻にも残存していて、
皮膚に刺さると炎症をおこす。
かくと刺毛が折れて更に刺さり、悪化する。
もうれつに痛くてかゆいそうです怖いっす。
これが噂の幼虫の脱皮殻。

これが食べられるのか、
本当に食べられないのか、確認すべきでしょうか。。。。
参考

炭火に放り込んだら食べられるような気もします。
10月に羽化するそうなので、今のうちに考えておきたいです。

今回は味見はありません。写真もありません。地味記事です。
5W1H という情報の整理法をつかって
養殖食用昆虫の研究の方向性を整理したいと思います。
まず5W1Hとは コトバンクより。


「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素をまとめた、情報伝達のポイントのこと。5W1Hに沿って整理し、5W1Hにあたる内容を相手に伝えるようにすると、情報をわかりやすく、もれなく伝達することができる。もとは新聞記事を書く際の原則だが、ビジネスの場面では報告書・メールの作成時や、口頭で状況を説明する際に応用される。5W1Hに「どのくらい(How much/How many)」を加えて、5W2Hとすることもある。


これを昆虫食に対して当てはめると
Who 人類全てが
Why 食糧の効率的増産のため
When 今でしょ
What 100万種いる昆虫の中から
Where 各地域で
How much 経済規模を考慮して
How 昆虫の養殖・調理法を開発する
となります。(2Hとなりました)
昆虫を利用するにあたって最もわかりやすい優位性は「多様性」です。
ヒトと同じ生息域・陸上において昆虫は多様に種分化し、進化したことから、
その優位性を利用するには、目的・地域に応じた昆虫種を選択し、
育種して養殖法を開発することが必要です。
昆虫を人為的に天敵から「隔離」することで、
ヒト用の生物資源としての昆虫を確保することが将来の養殖昆虫の基本的な形となるでしょう。
ですが今のところ
「昆虫種の選択にあたって検討すべき項目」すらまとまっていない状態といえます。
養殖法が分かっているものは数十種類程度で、
カイコ・ハチなどの特殊な機能を利用する家畜昆虫や
ただ小規模に飼いやすく・安いエサで短期間によく増えるペット用生き餌などがほとんどです。
そのようなたった数十種類の中でのみ「養殖昆虫食」の論文が出されているのが現状です。
(アリを養殖してみようとしたら体重が増えなかったテヘ というお粗末な論文もあります)
残りは世界の採集昆虫を養殖法を確立せずに栄養だけ比較したものがみられます。
文化的に食べられている採集昆虫だけでも1900種あるので、候補としては有望ですが、
100万種とも言われる昆虫の種多様性を活かしているとは必ずしも言い切れません。
数十種の極めて狭い範囲の昆虫ををムリヤリ全世界に適応させると
今まで人類がやってきた家畜哺乳類(14種類)を全世界に輸出し、
森を切り開き在来生物を駆逐し、
低効率な食料生産と土地の劣化を招いた悲劇と同じ轍を踏むことになってしまうでしょう。
ということで
ある人が◯◯な食料生産をしたい
という課題に対して
この昆虫を(あるいは別の生物を)
この場所で
このように生産すべし、というガイドラインを設けること。
が食用昆虫の学問的なゴールになると思われます。
ですが、
今のところ膨大な昆虫学の知見をどうピックアップするのか
昆虫学者とどう連携を取っていくのか(飼育法の確立だけでは論文にならない)
食用昆虫の学会を作る事も含め
やっていかねばならないと思います。
道のりは遠いですし
若干早まったのかな(笑)という焦りもありますが
「あ〜イナゴなら食うよね」という日本の素晴らしい昆虫食文化が薄〜く残っているうちに
将来性を提示できるよう、しばらく頑張ってみようと思います。