コンテンツへスキップ

フェモラータオオモモブトハムシを茹でる会 味見と料理開発編

さて、味見に参りましょう。
最初の準備編で宣言したとおり、すべてのハムシを茹でました。例外なく。

茹でます。ふっくらと膨らむけれど破裂はしない。

そして茹でるものがもうひとつ。

マカロニです。

そして出来上がりはこちら。

フェモとマカロニのサラダ
フェモとマカロニのサラダ クラッカーに載せて

茹でての味見は直後だと枝豆の風味と少しの苦味。

サラダにするとカイワレの辛味にシーザーサラダドレッシングの酸味、そこにプチっと風味のカプセルが弾けることでコクとほのかな苦味をプラスします。
うん。おいしい。

レシピの開発は2016年の、第一回フェモラータオオモモブトハムシを食べる会の開催時に作ったものでした

玉置標本さんがバターで炒め始めたり

バター炒め

それをギリコさんが「虫の風味が消える」と憤慨したり

シュガースプレッドとともに

ちょっとシュガースプレッドをつけてみたけれど風味がきえるのでうまくいかなかったり。

いろいろと試してみたのですが、持ち帰ってシンプルな炊き込みご飯にしてみました。

シンプルに白だしと
炊きあがった!
うまい。これはうまい。

これは抜群。

翌日の朝、「翌日の炊き込みご飯はおいしい」
のセオリーどおり、おいしいフェモ炊きご飯をたべようと炊飯器を開けると

翌日の杏仁香

今回は茹でたフェモラータオオモモブトハムシをみなさんで分け合ったんですが、

次々と料理開発報告が。

ざざむし
フェモラータオオモモブトハムシの味を侮っていました

Be-palにも書いていただいた玉置標本さんのブログ

そしてまだお会いできていないんですが野食ハンマープライスの茸本さんへと渡ったようです。

ざざむしさんに至っては自ら採集に繰り出すほどに。杏仁香はみなさん感じたとのことで、
茹でて少し時間が経ったほうがおいしくなるということは
外来種対策としてまた新しい方向性を示すことができるのかな、と思いました。

とはいえ、外来種対策は地元の意向があってのことです。
地元の方、町おこしに、町の外来種対策として、フェモラータオオモモブトハムシを食べる会の企画をするのはいかがでしょうか。

ご連絡お待ちしております。

1 thought on “フェモラータオオモモブトハムシを茹でる会 味見と料理開発編

  1. ピンバック: フェモラータオオモモブトハムシを茹でる会 採集編 | 蟲ソムリエ.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。