コンテンツへスキップ

ラオスの活動で必要になったので、TG-5を購入しました。

というのも水が多い、そして砂が多い。

粘土質のねっとりとした赤土は、乾季になると細かな粉末となって舞い上がります。

赤土の道路は砂をまきあげる

それまで長年つかってきたXZ-1、

これもCCD最後の世代で、レンズも明るく、
マクロもいい写りのするコンパクトカメラなんですが、いたるところが砂まみれになるので故障も間近と思い購入を決意。
これで砂まみれのカメラが洗えるようになりました。

海外に持っていくにあたって、TG-4との最大の変化は

「独自規格の変なコネクタが廃止されたこと」

これは快挙です。海外でケーブルを節約できます。USB-miniB規格になりました。

そしてパンフォーカスマクロ魚眼をためしてみたくて、魚露目を購入しました。

アダプターが必要です。

そして、接写するとストロボが偏ってしまうので、FD-1も購入しました。

さて、この魚露目のためのアダプターと、FD-1はどちらも同じ、レンズ周囲のアダプター用コネクタに装着されます。
なので排他的なのです。

ですが、魚露目は光量がないと写りがいまひとつなのと、FD-1と併用できればいいなと。

写真家の海野和男さんが、こんな投稿をしておりました。

アサマシジミをTG-4に魚露目を付けて撮影。FD-1も同時に使えるように改造した。魚眼レンズよりも手軽であるが、魚露目だとやはり画質はそれほど良くない

むむ。同時に使う方法があるのか。それはやってみたい。

構造上、魚露目の光軸がズレるのは避けたいので、多少ずれても良いと思われるFD-1を重ね付けする方法はないものか。

ということでゲタをはかせてみました。材料は加熱してやわらかくなる「自由自在ボード」というやつ。

魚露目8号 FD-1なし

魚露目8号 FD-1あり
アタッチメントなし

FD-1のみ

FD-1による光の回り込みが、うまいこと魚露目でも効いていることがわかる。

んで魚露目のパンフォーカス魚眼マクロというなんとも奇妙な特性がよくわかりますね。

ということで前回の4月ラオス滞在に持っていったんですが、

わずか一週間で、このムービーをとったあとに落とす、という失態。

もう一度購入し、また持っていくことにします。